スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛護って

言葉は、響きが独り歩きしている気がする。

偽善という人もいるだろう。自己満足という人もいるだろう。


でも、なにもしない人間は批判する権利もない。


アメリカでは見れないけれど。
犬と猫と人間と

コメントの投稿

非公開コメント

私はここで今この映画を知ったのですが、どうやらmixiでもコミュが出来ているようです。


人それぞれ解釈があって然りだとは思いますが、根底には「命の重さ」と言うものがある事を忘れたくないですね。
何よりも現状を知って考える事が大事なんだろうと思います。

実は、小学校の時にフランダースの犬を読んで号泣して
二度とこの本は開かない!と誓ったほどの
この手の話しにはへなちょこの私…
見るのが怖い…けど見なきゃ…でも札幌までしか来ないみたい…。
映画観て泣いてスープカレー食べて汗流して…のデトックス日帰り旅行を計画しようかしら?

ゆるさくさん

 動物の皆さんには大変申し訳ないのですが、hisaさんのような研究者の立場からすると、「動物実験ゼロ」ということは考えにくいのです。
全員ベジタリアンになれ、というのもなんか違うし。。

 でも「命をいただいている」ということを考える、というのが大切だと思うんですよ。魚がどうやって切り身になるのか、肉がどうなって食卓に上るのか、と同じく、どうして捨てるのか、どうしたら共生できるのか、ということは考えていかねばならないな、と改めて思ったわけです。。

いぬキャラメルさん

私もフランダースの犬は苦手です。号泣しちゃう。。
あ、そういえば舞台になったベルギーではこの話、ほとんど知られていなくて、日本人があまりに訪ねてくるので石碑とか作っちゃったそうですよ(苦笑)。

デトックス、必要ですよぅ~嗚呼、札幌ならマジスパ本店で食べたい…(下北沢店に通いつめてました)。。

全くその通りだと思いますよ。
人間の為に犠牲になったり糧新田りしてくれている動物達に感謝して、極力最低限で...と言うのが大事なんだろうと思います。
今この時代に人間が生きて行くには実験に力を、命を貸して頂く事も必要なんですよね。
そのお陰で健康でいますから。

よくある「そこだけ」を取り上げて批判する人達は多いですが、そうではないですよね。
上手く言い表せなくてもどかしいですが....
極論者の言うことを取り上げるならば人間は今の生活を捨てて野生に還るしか無い訳で、そんなコトは到底無理ですから(^^;)
人間として人間の為とそして地球のあらゆる生物の為に気を配る事が大事なんだと思います。
壮大に聞こえるかも知れないですがごくごく小さな事が大事なんですよね。
無駄は省くとか感謝とか慈愛とか....

人間はちょっと知恵が付き過ぎたんでしょうかね(^^;)



因みに私もフランダースの犬はあきまへん.....orz(号泣)
何がってパトラッシュがいじましい....

ゆるさくさん再び。

 そうなんですよ。残念ながら動物実験をなくすなら、もう合成薬は作らないほうが無難です。
生体(in vivoと我々は言います)と培養細胞(in vitro)では全然反応が違うんです。
アレルギーで動物が使えないhisaさんは凹みます…。

> 因みに私もフランダースの犬はあきまへん.....orz(号泣)
> 何がってパトラッシュがいじましい....
 そうそう、もう2人でとぼとぼと教会に向かうところから涙が止まりません。。

大人になってから、リメイク版(再度アニメを作り直したもの)が放送された時は衝撃でした…
パトラッシュは灰色じゃなくてブチ犬なのぉ~~~~!!
プロフィール

hisa

Author:hisa
只今LA→ATL留学中。
もはや英語には不自由しないが、日本語破滅中…

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。